« (264)安倍さんの政治 | トップページ | (266)六松同窓会 »

2017年5月14日 (日)

(265)安倍さんの政治(2)

先週のブログを敢えてフェイスブックにアップしてみました。「このまま安倍さんを信用していいのか」と呼びかけて。

 

いただいたコメントには、国民の目に厳しさがないから、国民が拉致問題に無関心だから、拉致問題解決を訴えても票にならず、国会議員が動かないから、結果として安倍さんが結果を出さなくても大きな問題にならない、といった意見が多かった。もうとうから安倍さんには期待していない、という人もありました。

 

一方で、安倍さんのやり方が正しい、他に代われる誰がいるのだ、といった意見はありませんでした。こういう意見の方はたぶん拙ブログなど無視されたのでしょうが、何か書いてほしかったと思います。

 

ひとつ、安倍さんの後ろにはコミンテルン工作がひそんでいる気がする、というコメントがありました。これ結構、的を得ているのではないかと思います。

 

ちょうど1年前、元外交官の馬淵睦夫氏の「国難の正体」について書きました。そこでは、

「世界を操っているのは、国家の枠を超越する、「グローバリズム」という思想で、イギリスのシティーと、アメリカのウォール街の国際金融資本家たちの仕業。彼らユダヤ人は、マネーによる世界統一を狙っている。彼らと共産主義は、敵対どころか、同じ思想といってよい」と書かれていました。まさにコミンテルン工作。

 

トランプ政権の誕生。トランプさんは「グローバリズム」とは一見反対の政策をとろうとしていますが、ウォール街の大物やロシアとの関係が深い閣僚が堂々と起用されており、馬淵氏の見立てどおりです。トランプ氏のもといち早く馳せ参じた安倍さん。安倍長期政権はきっと彼らの方針に叶っているのでしょう。(反論があれば、ぜひお聴かせください。)

 

今朝、北朝鮮はミサイルを発射しました。「断じて容認できない。強く抗議する」と、相も変らぬ安倍さんのコメントを聴いて家人が「断じて日本は動かない」じゃないの?と嘆息していました。特定失踪者問題調査会の荒木代表も、「断じて容認できないなら、もう抗議はやめて具体的措置をとるべきです。直接の被害が出る前に。」と書いておられます。

 

日本人拉致を黙認し、国民の目から隠蔽し、北朝鮮が拉致を白状してもなお、解決できず放置する罪深き自民党。安倍さん。新しい日本を作るなら、まずこの党を一度解体し、あらためて憂国の士を集めて再結成すべきだと思いますが、いかがでしょうか?あなたが本気でやろうと思えばできるのです。姑息な方法での長期政権はゴメンです。

 

 

 

« (264)安倍さんの政治 | トップページ | (266)六松同窓会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1594571/70562314

この記事へのトラックバック一覧です: (265)安倍さんの政治(2):

« (264)安倍さんの政治 | トップページ | (266)六松同窓会 »